よくあるご質問をまとめております。
質問事項をクリックすると回答が表示されます。

VACUUM DISC MATE IQ1300A

当社でゴム一式を交換させていただきます。
¥25,000円(税別)

約200回です。

スピンドル長さは、10mm以上をお勧めしております。
しかしながら、12mm位のわずかにレコードセットされた時に飛び出るスピンドルもあり、通常より吸引力が落ちる可能性があります。
何度か繰り返し吸引作業を行っていただきますと(吸着アダプターも併用)、吸着がしっかりされる場合もありますが、ご不明な場合は当社へご連絡いただければ幸いです。

最終テストで、約40分の繰り返し試験を行った後に、製品化しております。
昔に他社からも同様な製品があったが、吸着時間に問題があったとのご指摘 をいただきます。
レコード盤の厚みや反りの状態で吸着時間が変わりますが、吸引した後に空気を止めておく逆止弁の構造に違いがあります。
また、レコード盤の反りを安定するために、併せて吸着アダプター(厚板)を使用しますと、更に効果的です。

確かに吸引後の吸着力は、レコード盤面が強固に吸着されていますが、演奏終了後は、吸着力が弱くなっています。
この現象は、強固に吸着が続いた場合、レコード盤の反りの状態により吸着が外れた場合、針が跳ねてしまい痛めることになります。
そこで、演奏終了に近づくにつれて(内周へ向う)少しづつ空気を抜き、もし、吸着が外れても針にダメージがないように真空弁を調節しています。
ちなみに吸着していない状態と比べて頂きますと、弱くても吸着していることが判るかと思います。

Load More